×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


○HOME ○目次へ


2003年札幌の街「冬道の点検」と「雪道での車いす・白杖体験」報告

実施要領

目  的
 障害者が車いすで移動するうえで最も困難なのは冬の外出です。時期や除雪状態によって、通れた道が次の日には通れなかったり、歩道の雪や小売りの路面が障壁になり車いす使用者や視覚障害者、高齢者の進路を阻むなど、その日によって情況は大きく変化します。冬道バリアフリーの課題は深刻です。
 180万都市札幌のような大都会でこの様な豪雪地は世界でもないと言われ、道・札幌市でも努力はするものの決定的な施策は見つからず、苦慮しているのが現状と思います。
 今回、この様な情況を、利用する立場の障害者と管理する関係者が一緒になり、お互いの意見を出し合い対応策を考える機会にしたいと思います。

1.主  催  交通権を考える連絡協議会
2.日  時  平成15年3月9日(日)午後1時〜午後4時
3.集合場所  かでる2・7
4.点検場所  JR札幌駅周辺、道庁周辺、札幌市役所周辺などを予定
5.参加対象  障害当事者、交通権会員、ボランティア、行政関係及び議員各位
6.実施方法  札幌駅・道庁周辺コース、大通・札幌市役所周辺コースの2コースに分かれ、
        除雪の状態(特に交差点・バス停)を点検する。
        参加者は雪道を電動車いす、手動車いすに乗ったり、白杖やアイマスクをつ
        けて体験する。

点検コース 札幌駅・道庁周辺コース
かでる2・7⇒札幌駅⇒アスティ⇒道庁⇒かでる2・7
(車いす=4名、電動車いす=3名、視力障害=4名、ボランティア=13名)
主な項目 気付いたこと、改善・改修を望むこと
・歩道路面の状況

除・排雪

幅員・滑り

段差・勾配

排水溝

マンホール

建物・車の出入口

障害物

その他
(場  所)
・北4条西6丁目「北門館ビル」
      〜「毎日札幌会館」
積雪の歩道
・北3条西6丁目「道庁」〜
 「道警」の横断歩道

・北4条西7丁目付近(緑苑第2ビル)



・北5条西6丁目(駅前通)
歩道にはみ出した看板

・「かでる2・7」の前通り
(事  項)
・雪が山のようになっていて車いすでは
 乗り越えられない
雪による段差
・歩道の勾配がきつい
・排水溝が横断歩道のなかに入っている

・タイヤ交換中の車が歩道まではみ出し
 ていて 歩行不可能、車道を歩く

・「センチュリーローヤルホテル」前の
 看板(「エスポ・サウナ」「ダンディ
 理容室」)が歩道に置かれている。
歩道にはみ出した看板
・排気口からの鉄管が危ない、保護クッ
 ションを施工してほしい
・舗装・補修部分の段差があり、車いす
 のキャスターが引っかかる
・誘導用ブロ
 ックの状況
・北5条西5丁目の交差点

・JR札幌駅南口
・点字ブロックが剥がれている

・点字ブロックの色が床と同色で判り
 にくい
・案内標識
 識別の状況
・JR札幌駅「東通通路」にある
 車いすマークの案内板
・車いす表示と視覚障害者表示を区別
 する必要がある

・インターホンには「点字で呼び出し
 表示」をすべき
・その他 ・JR北口 出入口の自動ドア ・幅が820mmなので電動車いすには
 狭い

点検コース 大通・市役所周辺コース
南大通⇒市民会館⇒市役所⇒時計台⇒かでる2・7
(車いす=2名、電動車いす=1名、視力障害=6名、ボランティア=16名)
主な項目 気付いたこと、改善・改修を望むこと
・歩道路面の
 状況



除・排雪

幅員・滑り

段差・勾配

排水溝

マンホール

建物・車の
出入口

障害物

その他
(場  所)
・北1条西7丁目
   交差点周辺

・大通西7丁目
歩道上にできた段差

・札幌パークフロントビル
・北海道医師会館と札学院大
 社会連携センターの間

・地下鉄大通駅6番出口

・市民会館前
市民会館への入口
・北2条西5丁目

・北1条西6丁目
(事  項)
・歩道タイルの盛り上がりがある
・シェルスタンド前の歩道勾配がきつい

・横断歩道に氷、危ない
・すりつけ部分の段差が大きい
・出入口の勾配、持ち出し部分危険
危険な歩道上の張り出し
・ロードヒーティング境目歩道の氷、
 極めて危険



・いつでも雪で出入りができないとい
 う苦情がある(車いす使用者より)
・歩道の除雪状況が悪く雪と氷で車い
 すではほとんど通行できない
雪、氷で通れない
・バス停への通路に雪が積み上げられて
 いて通行できない
・地下鉄出入口から会館入口までの誘導
 用ブロックが雪の下になっている
・右側出入口のスロープが滑る

・横断歩道の真ん中に排水口がある

・裏の道、氷で通れない
・誘導用ブロックの
 状況
・大通西4丁目南側

・地下鉄乗降の激しいホーム全般
(要望のあった所、大通駅・澄川駅)
・ブロックの色がグリーン、変更が必要

・誘導用ブロックがすり減っている、
 早急に改修が必要

・案内標識
 識別の状況
・大通西6丁目南側 ・信号機電柱が歩道中央部にあって危険
 誘導が必要
・野外トイレ
電話ボックス
休憩所等の状況
・大通西7丁目 ・電話ボックスが積雪のため
  車いすでの使用ができない
・その他 ・かでる2・7

・JR札幌駅

・地下鉄大通駅(東西線)
・玄関前、積雪時の乗降が困難

・地下鉄へのアクセスの改善

・エレベーターの利用、係員が不在でも
 ひとりで利用できるように
      (改札⇔ホーム)

○HOME ○目次へ